なかぶぷろじぇくと
アクアライン通勤と木更津のいろんな情報、
そして木更津周辺のおいしいお店も紹介してます
’22/08新型コロナウイルス感染

【コロナウイルスに感染しました】その1 家族全員陽性になりました…

こんにちは、なかぶです。

不覚にも…というか、もうしょうがないと思いますが、なかぶ家全員が新型コロナウイルスに感染してしまいました

おかげさまで3人とも症状は改善し、快方に向かっておりますのでひとまずご安心いただき、陽性判定から療養終了までどういうことがあったのか、備忘録としてまとめておきたいと思います。

何の参考になるかわかりませんが、よろしければおつきあいください。
たぶん3回くらいで終わるかな、と思います。

※本記事はなかぶがコロナになった時点での内容です。療養期間やコロナ陽性者の扱いなど、コロナ対応については今後変更になることが予想されますので、最新の情報をお住まいの市町村、県、厚生労働省のHPをご確認ください

抗原検査キットは薬局で入手

最初に症状を訴え始めたのはムスメ。

ヨメの実家(神奈川県某市)から帰ってきて数日、8/18(木)に咳をし始めました
またちょっと熱っぽいと言い始めたので、念のためということで、会社帰り(その日はたまたま出勤だった)に抗原検査キットを入手してこいとのヨメから指令が出ました。

どこでどう入手するのかわからなかったので、とりあえずなかぶ行きつけのイオン薬局さんに聞いてみろと逆にヨメに返すと、さっそく電話したらしく、在庫ありの回答をもらったので帰りに立ち寄ってみました。

調剤薬局での取り扱いということで、名前と生年月日を聞かれ、待つこと10分ほどでしょうか、薬剤師さんがかなり丁寧に検査の仕方を教えてくれて、マニュアルとともに渡してくれました。

価格は1,320円(税込)だったので、家族分の3セット購入しました。

家に帰り、さっそくムスメに検査を実施。

すると結果は…陰性判定でした。

なーんだ気のせいか、と思っていましたが…。

発熱外来の予約は取りにくい

翌日(8/19(金))、ヨメが発熱(38℃超)

まあ、念のため抗原検査してみますか、という感じで気軽に検査してみると、なんと残念ながら陽性判定…

  • 線が2本で陽性、Cのみに線が出れば陰性、Cに線が出なければ検査失敗
  • 抗原検査とはいえ正確性は100%ではありません

なかぶと並んでヨメも基礎疾患あり。
千葉県が公開している判断フロー(千葉県HP:コロナかなと思う症状のある方)によると、基礎疾患あり(重症化リスクあり)は発熱外来での診断が必要とのことで、発熱外来の予約を取らなければなりません。(発熱時に公開されていたフローです)

このフローからすると重症化リスクが低い方は自分で検査キットを入手→検査して陽性が出たら陽性者登録センター(Web)で報告すれば、発熱外来に行く必要はないようです。

ヨメの陽性を確認したのは8/19(金)の夜。
翌8/20(土)の朝に、木更津市HPで公開されている発熱外来を設置している医療機関のリストを見ていくつかの医療機関に電話をしてみましたが、どこも予約が取れませんでした

翌日8/21は日曜で基本的に休診なのであきらめ、8/22(月)に再度挑戦したところ、何件かかけたうちの1件で14:00ならOKとの回答。(木更津市内ですがどの医療機関かは自粛)

予約が取れてよかったですが、木更津市でも予約取りにくいのが実態のようです。
木更津でこうなんだから、東京などは推して知るべしですね。(ニュースで言ってるけど)

すでに熱が下がっていたヨメが自分の車を運転して、指定された時間にムスメと2人で出向きました。

するとヨメはすでに自己検査で陽性と出ていたので、検査せずに陽性判定で病院から保健所へ連絡。
ムスメは病院で再検査して陽性確定→保健所連絡となり、2人ともコロナ患者として認定されました。

対処療法のための解熱鎮痛剤、咳止めなどのいわゆる風邪薬を処方され、必要に応じて飲むように指示されたようです。

予約が大変でしたが、なんとか発熱外来を受診できてよかったです。

重症化リスク高い場合は特別な薬?を処方される

ヨメが自己検査で陽性になったあと、隔離生活を送っていたなかぶ。
とはいえ外に出ていくわけにはいかず、1つ屋根の下で生活していました。

そうなれば当然なかぶも…ってことで、買ってきた検査キットで8/21(日)に検査したところ陰性だったので隔離生活しとけばOKか、と思ってました。

ところが8/22(月)に在宅で仕事していると、なんか調子が変…。
ちょこっと残業してそのあとに熱を測ってみると38℃!

あれー、陰性だったはずなのに…。

翌8/23(火)の朝から発熱外来の予約電話をかけまくり、ヨメが前日に行った医療機関で…と思いましたが、そこも予約が取れず途方に暮れていると、君津市の大き目の医療機関で予約が取れました。(これもどこかは自粛)

初めて行く発熱外来。
本来の建物の裏にプレハブで用意された、仮設の建物でした。

診察してくれた先生に正直に高血圧、高脂血症、糖尿があると申告し、重症化リスクをアピール(っていうほど元気もなかったですが)。

すると、ウイルスの増殖を防ぐ薬(ラゲブリオモルヌピラビル)を処方する対象になると思うので、陽性だった場合はその薬を処方するとのお言葉をいただきました。

そのあと検査。
鼻に綿棒をつっこんでグリグリとやったので、抗原検査かと思ったら、結果を見るとPCR検査をしていただいたようでした。

その結果がこのツイート。

家族全員コロナ確定となりました。

ただ、なかぶだけ違うのは、かぜ薬のほかにこれを処方されたこと。

上にも書きましたが、新型コロナ対応として特例承認されたモルヌピラビルです。
難しいことはわかりませんが、ウイルスの増殖を防ぐ働きがある薬のようです。

こんな特別な薬を出されるってことは、それだけなかぶが重症化リスクが高いってことなんですね。
ちょっと複雑…。

このモルヌピラビル、飲むためには同意書へのサインが必要という、いまのところ特殊な薬です。

療養期間に突入

あとから保健所から指示があると前置きをもらった上で聞かされた療養期間は、発症日を0日目として10日目までとのこと。

なかぶの場合は8/22(月)が発症日なので9/1(木)までが療養期間。

ということで、長い療養期間に突入しました。

つづく

次回は保健所とのやり取り(なかぶの場合すべてSMS)や旅行キャンセルなんかの話をお伝えしたいと思います。

ではでは~

※本記事はなかぶがコロナになった時点での内容です。療養期間やコロナ陽性者の扱いなど、コロナ対応については今後変更になることが予想されますので、最新の情報をお住まいの市町村、県、厚生労働省のHPをご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください