グルメ

東京ローストビーフバーガーと大阪ビーフカツバーガー(マクドナルド)

こんにちは、なかぶです。

先週から始まった東京VS大阪の戦い…といってもマクドナルドのバーガーの話ですが、その熱き戦いに参戦するためにマクドナルドに行ってきました。

で、買ってきましたよ。
マック_東京vs大阪バーガー

東京はロースかつバーガー、大阪はビーフカツバーガーです。

いつもの通り、中身を開けてみましょう。
まずは大阪から。
マック_大阪バーガー1
チーズがはみ出してますね。

上のバンズをとってみると、
マック_大阪バーガー_オープン
カツの上にチーズ、レタス、マヨといった内容。
写真では見えませんが、カツの下にはソースが塗られていました。

食べてみます。
マック_大阪バーガー_実食

カツ…、一枚肉じゃないんですね…たぶん。
さすがにこの値段では無理ですよね。

でも厚みがあって、食べ応えは抜群でした。
ソースとマヨの組み合わせはお好み焼きっぽくてGOODです。

続いては東京。
マック_東京バーガー1
大阪は普通のバンズっぽかったですが、こちらはパニーニ?風のバンズですね。
見た目はハンバーガーというより、サンドイッチっぽい見た目です。

こちらはローストビーフがはみ出してます。
マック_東京バーガー2

それでは開けてみましょう。
マック_東京バーガー_オープン

パティの上にローストビーフという、肉のコラボレーションですね。
その上にはレタスとマヨと非常にシンプルな構成です。

一口食べてみます。
マック_東京バーガー_実食
(ちょっと食べ口が汚くてすみません)

肉&肉ということで、すっごい「肉食ってる!」感が強かったです。

東京vs大阪、どっちがうまかったかというと、甲乙つけがたいですが、個人的には大阪のほうが好きですね。

参考にしてみてくださいね~。

ではでは~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください