アクアライン高速バス

京成バスのUSBコンセント

こんにちは、なかぶです。

今日、東京駅から帰りに乗った京成バス、座席にUSB電源コンセントが付いてました。
(でも、残念ながら京成バスの無料Wifiは飛んでなかったです)

たまたまスマホの電池が15%を切り、警告が表示されたので、せっかくなのでつないでみました。

座席についているUSBコンセントはこんな感じです。
京成高速バス_USBコンセント
窓側は座面とほぼ同じ高さで、座席の横についています。
ちなみに通路側はひじ掛けの下にありました。

スマホを使用しながら使おうとすると、それなりの長さのUSBケーブルが必要になります。
なかぶは1mのUSBケーブル(急速充電対応)を持っていたので、それでつなぎました。

USBケーブルに限らず、充電用品はAnkerがおすすめです。

使っているスマホは Galaxy S7 Edge。
警告が出た15%でケーブルを差しました。

30分ほど使用しながら充電しましたが、15%から増えも減りもせずに降車地である木更津駅に到着。

ということで、それほど強力な充電力ではないですが、充電中は減らなかったので、それなりの効果はあるようです。
満タンにしよう、という使い方はできませんが、あるだけで気持ちは楽になる感じでしょうか。

まだまだ全車に搭載というわけではありませんが、乗るときはUSBケーブルを盛ってると安心ですね。

ではでは~



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください