なかぶぷろじぇくと
アクアライン通勤と木更津のいろんな情報、
そして木更津周辺のおいしいお店も紹介してます
木更津に住む

なかぶが考える、木更津に移住すべき人、移住しないほうがいい人

こんにちは、なかぶです。

横浜市西部から木更津に引っ越してもう15年。
普通に木更津市に溶け込んでいると思ってます。

そしてブログを立ち上げて2年半。
先日、ブログを見ていただいた大手全国紙の記者の方から声をかけていただき、木更津への移住などいろいろなことについて、少しお話をさせてもらいました。

そのときに聞かれたことをヒントに、木更津への移住について感じていることを、何回か書かせてもらいたいと思います。

木更津駅西口_201806
(木更津駅)

まずその1回目は、なかぶが考える「木更津に移住すべき人、移住しないほうがいい人」。

「木更津に」と書いてありますが、木更津市に限らず、袖ケ浦、君津、富津などかずさ4市を対象にしています。
また対象となる方は、現在対岸に住んでいて、東京、神奈川などに通勤している人で、木更津側で就業することを考えている人はあまり当てはまらない部分もあるかもしれません。

1.移住すべき人

①いなか暮らしができる人
都会のゴミゴミした環境があまり好きではない、というような方にはうってつけの環境です。
自然に囲まれた生活がしたい、という方もおすすめです。

枝豆収穫祭2018_畑

ただし、開発分譲地は山を切り開いたところが多いので、自然豊かな環境である反面、虫も多く出てきますので、そのような環境でも大丈夫な方じゃないと、ちょっときついかもしれません。
(いろいろ対策は可能だと思いますが)
朝、玄関を出ると、カブトムシがひっくり返ってもがいてた…なんてことも起きますw

②通勤時間が長くなることを容認できる人
アクアラインの高速バスで通勤する際、必ず座って通勤できるというのが売りですが、距離的には長くなるので、時間はそれなりにかかります。

京成高速バスイメージ

なので、ドアtoドアの通勤時間はだいたいの方で長くなり、家を出る時間は早くなると思います。
それでも大丈夫、という人じゃないとちょっときついかもしれません。
なお、「通行止めは大丈夫?」というご質問がよくありますが、そんなに頻繁に起こるわけではないので、過度に心配する必要はないと思います。

③子供をノビノビと育てたい人
都会と比べると、自然豊かなので、お子さんはノビノビと育てられます。
また、マザー牧場や富津まで行けば海水浴場などもありますので、自然で遊ぶことには困らないと思います。

マザー牧場_山の上ゲート

さらに、農産物の収穫体験ができるような場所も多く、今流行の「食育」なども、都会と比べると機会が多いように思います。
「ワンパクでもいい、たくましく育ってほしい」というお考えの親御さんにはぴったりだと思いますよ。

2.移住しないほうがいい人

①家族のだれも車の運転免許を持っていない人

menkyo_gold_woman.jpg
(ゴールド免許は夢…w)

木更津周辺は首都圏の大動脈である国道16号線が南北に貫いており、高速道路も館山道、圏央道がクロスするなど、道路交通の要衝になっています。
また、市内のバス交通もあまり発達しているとはいいがたく、基本的に駅を中心としたバス網となっていますが、駅周辺にはお店がないため、買い物には車が必須です。
通勤のための高速バスに乗るとき、便数の多い便利なバス停(袖ケ浦BT、金田BT)に行くためには車が必要だと思います。
なので、パークアンドライド、キスアンドライドのどちらにしても、誰かが車を運転できる必要があります。
ちなみに、多くの家で1人1台体制になっています。(我が家も)

②子供の教育に熱心な人
木二小運動会

木更津では自然豊かで、ノビノビと子供を育てることができる反面、私立中学などは少なく、受験するような人はあまりいないようです。
塾はあるにはありますが、いわゆる「お受験」に熱心なイメージはありません。
なので、お子さんを「絶対に私立中学に入れる!」というような計画の方には、木更津での教育体制には不満が出るかもしれません。
もちろん公立の小中学校はちゃんとしており、普通の教育は受けられますので、ご安心ください。

③デパートで頻繁に買い物をするような人
これはどこかに書かれていたのですが、「住宅が安く買えるから買ったのに、買い物にしょっちゅうアクアラインを渡らないといけないのでかえって交通費がかかる」という人がいました。
普通の買い物には困らないお店はありますが、高級ブランド品を扱うようなお店は、三井アウトレットパーク木更津を除くとほぼないと考えたほうが良いです。

夜のMOP木更津

なので、高級ブランド品に包まれて生活したい、というような方は木更津に住んじゃだめだと思います。
(これは地方都市ならどこでもそうだと思いますが…)

簡単ですが、こんなもんでしょうか。
もっと大事な条件もあるような気がしますが、思い立ったら随時追加していきたいと思います。

移住をご検討の方、参考にしてもらえると嬉しいです。

ではでは~

RELATED POST

POSTED COMMENT

  1. アルテより105 より:

    いつも楽しく読んでいます。都心からの移住8ヶ月の経験からコメントします。
    通勤のバス代はかなり高額なので検討は必要ですね。私の会社は通勤手当に上限があって、超えた分を自己負担しています。それでも家賃が安価になったので相殺どころか安上がりです。あと、お酒を飲む機会が多い人はやめたほうがいいかも。バスを降りたら自宅までマイカーを運転しなくてはならないからです。私はさけられない飲み会の時は都内に宿を取っています。

  2. ジュリア より:

    袖ケ浦生まれ 袖ケ浦育ちの私は、なかぶさんのブログに、「灯台下暗し」で勉強させていただいてます。

    なるほど・・です。

    私は都内へ通勤ですが、他への移住は考えられないくらい袖ケ浦ラブですけど
    ・・(笑)

  3. ほたるの より:

    私からも付け足しさせていただいちゃいます。

    木更津地域は空気と水が綺麗です。
    帰ってくると、呼吸が楽になり、皮膚呼吸もしてるなーという感じになります。
    水道から出る水に臭いはありません。
    都心に近すぎず遠すぎない田舎、といった感じです。
    新しく綺麗な木更津と、未だに田舎ーって感じの木更津があります。
    あとは、ご近所さんが良いと良いですね。

    箇条書き的になってしまいましたw

  4. なかぶ より:

    アルテより105さん

    こんにちは、なかぶです。
    いつもコメントありがとうございます。

    通勤費、全く忘れてました…
    なかぶの場合は完全に会社から全額出ているので。

    確かに大問題です。

    あと、お酒を飲んで帰ってきたときのこともおっしゃる通り。
    泊まらないにしても、タクシー、代行を使うのにもお金がかかりますよね…。

    なかぶも最近飲んで帰る機会が多いですが、ヨメのおかげで助かってます。

    また何か気づいたら教えてくださいね♪

    ではでは~

  5. なかぶ より:

    ジュリアさん

    こんにちは、なかぶです。
    いつもコメントありがとうございます。

    ジュリアさんのような袖ケ浦、木更津で生まれ育った方と我々のような移住した人とでは、見方が違うのは当然だと思いますので、ブログ見て再確認してください(笑)

    ただ、その違いを受け入れる素地はある土地柄だと思ってます。
    袖ケ浦も人口が増えつつあるところだと思いますが、ジュリアさんも周辺に移住者の方がいらっしゃるようでしたら、やさしく受け入れてもらえると、移住開拓者(笑)としてはうれしいです。

    引き続き、よろしくお願いします。

    ではでは~

  6. なかぶ より:

    ほたるのさん

    こんにちは、なかぶです。
    いつもコメントありがとうございます。

    そうですね、半分市街地、半分田舎という両方を感じられるところが木更津周辺の魅力だと、なかぶも思います。
    アクアライン渡ってバス降りると、ほっとするところはありますよね。

    農産物も海産物も安くておいしいし、車さえあれば住みやすいところだと思います。

    また何か気づいたら教えてくださいね♪

    ではでは~

  7. HKN より:

    なかぶ様

    いつもブログ拝見させていただいております。
    なかぶ様と同じ、神奈川県某市の都市部で生まれ育ち、そして同市内で働いております。

    昔から都会が嫌いでしたが、なんだかんだでずっとここいるんだろうなぁと思っていたところ、半年くらい前にアクアライン通勤の選択肢を知りました。

    ここよりもずっと土地も安く、賃貸でも車好きには優しい駐車場代(ほぼ)無料、夢が広がる楽園のような気もしています。

    現在実家暮らしですので、自由が利く独身のうちに、数年以内を目途に移住しようと考えています。

    それまでいろいろ情報収集をしていきたいと思っています。

    駄文、質問でもなんでもない独り言失礼いたしました。

    • nakabu_prj より:

      HKNさん

      こんにちは、なかぶです。
      コメントありがとうございます。

      私も同じでした。
      結婚してもずっと横浜市西部に住んでるだろうと、若いころは思ってました。

      しかし、ひょんなことから木更津からも通勤できるということを知り、思い切りました。
      今ほどアクアライン通勤や神奈川からの移住が一般的ではなかった頃です。

      まわりからはおかしな目で見られましたが、今の流れを見て、あのころ決断してよかったと今は思っています。
      都会のマンション生活も否定はしませんが、やはり地に足の着いた生活がなかぶは好きですので…。

      お役に立てるかわかりませんが、ブログを参考にしていただき、何かあれば遠慮なくお問い合わせください。
      周辺各市役所でも移住希望の方への窓口を設けていますので、そちらも活用していただければと思います。

      ということで、引き続き、よろしくお願いします。

      ではでは~

  8. Chiharu より:

    はじめまして
    このブログ、1年位前から拝見させていただいていました。
    通勤の情報とか本当に役にたちました。
    今月、川崎から木更津に引っ越してきました。
    朝、7時20分位の金田から東京行のバスにのって通勤
    1週間経ちましたが、通勤時間はかかるけど寝ていられるので体的には楽になりました。

    まだまだ分からない事がたくさんあるのでブログ参考にさせてください。よろしくお願いします(*^^*)

    • nakabu_prj より:

      Chiharuさん

      こんにちは、なかぶです。
      コメントありがとうございます。

      木更津に引っ越してこられたんですね。
      おめでとうございます♪

      当ブログを参考にしていただいたそうで、すこしでもお役に立てればうれしいです。

      通勤ですが、確かに時間はかかるものの、バス自体は快適なのでストレスは少ないと思います。
      ぜひ会社で快適さをアピールしてください(笑)

      食べるのが好きで、おいしいお店の情報なんかも書いてますので、よろしければ参考にしてくださいね。

      ではでは~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください