なかぶぷろじぇくと
アクアライン通勤と木更津のいろんな情報、
そして木更津周辺のおいしいお店も紹介してます
グルメ

北海道チューボー(東京駅八重洲口前)

こんにちは、なかぶです。

今日、奥様はライブ(見る方ね)で不在。
「熊谷の出張帰りにご飯食べてきてね~」ってことで、熊谷か東京かで食べて帰る必要に迫られる…。

考えに考え、ときどき行ってるアンテナショップ 北海道フーディスト に併設されてる北海道チューボーに決定。

東京駅で新幹線(上越)を降り、いそいそと向かいますが、東京駅の地下街はすんごい人。
時間は18:40、多くの店で入店待ちの状況になっていました。

地下街を抜け、地上に上がったところにあるのが北海道フーディストと北海道チューボー。

場所はこちら。

東京駅八重洲口の真正面です。

今回は店の外観写真もあります。(ただし営業時間外(早朝)に事前に撮ったもの)
北海道チューボー外観

地下街の混雑からして、さぞや混んでいることだろうとおもいきや、なんのなんのガラガラw

店内にはテーブルとカウンターがありますが、1人でテーブル1つ使えるくらい空いてました。
もしかして穴場なのかな?

カウンターで注文して、番号札をもらい、その札を目印に料理を持ってきてもらえるシステム。
飲み物と、ショーケースに入っててすぐ出るツマミ類(塩辛とか)だけはすぐに出してもらえる。

フードコードに配膳が着いたような感じ?

ということで、カウンターでまずはザンギ(いわゆるから揚げ)とじゃがバター(塩辛付き)と生ビールを注文。

生は黒ラベル(¥350)とヱビス(¥400)が選べますが、黒ラベルをチョイス。
黒ラベル生
サッポロクラシックの生が飲めるといいのに、それはなし。(残念)

テーブルについて待っていると、5分ほどで注文した2品が運ばれて来ました。

知床鶏のザンギ(¥450)
ザンギ

私にはちょっと味が薄かったです。
でも鶏肉はおいしかった。

次にじゃがバター(塩辛付き、¥400)
じゃがバター

一切れ食べちゃったあとの写真w
だってお腹減ってたんだもんwww

北海道ではじゃがバターに塩辛がつきものだということで、そっちを頼んでみました。

塩辛のしょっぱさと、じゃがいもの甘さがマッチして意外なおいしさ。
ピッタリというわけではないけど、まあありかな、と。

生ビールは安めなので、若干小さい感じ。
つまみも出てきたので、1杯目はすぐに飲み終わって2杯目。
生2杯目

バスの時間があるので、飲むのはこれくらいにして、シメのラーメンでw
(アクアラインバスの停留所まで50mくらい)

ラーメンは旨辛味噌ラーメン(¥680)。
旨辛味噌ラーメン

札幌の西山製麺の黄色い麺。
味噌も辛さもちょうどよく、チャーシューも大きいわけではないけどダイナミックな感じで入っていて、とってもおいしくいただきました。

この場所で、この値段で、この料理が食べられると言うのは非常にありがたい。
料理の質も悪くないしね。

この店は大皿料理や鍋みたいなのはないけど、料理のレパートリーは多いので、1人や少人数で飲みに行くってのがベストかも。

今日も1人、2人で来てる人ばっかりでした。

東京のど真ん中で、北海道のおいしい料理がリーズナブルに食べられるこんな店、いかがですか?

ではでは~。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください