交通情報

木更津駅東口(太田山口)の通路、右側通行になってます

こんにちは、なかぶです。

なかぶは通勤時、袖ケ浦バスターミナルまで車で行ってしまうので、木更津駅はあまり利用しないのですが、飲み会の時など車が使えないときには木更津駅を利用します。

久しぶりに東口からバスに乗ったところ、駅構内の通行区分が変更になっていたので、遅くなってしまいましたが、どう変わったのか紹介します。

木更津駅東口ってどっち側?

東口は太田山口と愛称がついている通り山側です。
JRの改札口を出て、右方向に進んでいった方です。

こっち側ですね。

通行区分はどう変わった?

駅構内にはこんなポスターがたくさん貼られています。

右側通行のお願いですね。

いつから変わったのかというと、1/15からのようで、1ヶ月経った2/15でもまだこのポスターが掲示されていました。

通路には右側通行をアピールする表示が出ています。
まずは階段。

通行区分を示す紙が色分けして貼られていました。
壁にも矢印が貼られていますね。

階段と改札口を結ぶ通路にも、通行区分を示す矢印が貼られていました。

センターラインのテープも貼られていました。

個人的にはあまり混んでいる印象はないのですが、朝と夕方の時間帯には学生が多いので、交通整理のために通行区分を指定したんでしょうね。

西口はどうなってる?

西口は全く変わらずです。

特に意識していませんでしたが、今まで左側通行で、これからも左側通行のようです。

特に混雑時に木更津駅を利用するときには、ちょっと気を付けて通行してくださいね。

ではでは~

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください