アクアライン高速バス

2/4 朝 アクアライン通行止め… そのときどうすればよかったか(私見)

こんにちは、なかぶです。

昨日の朝になりますが、強風で東京湾アクアラインは早朝4:30くらいから通行止めになりました。

通行止めだったのは7:00くらいまで。
ガッチリなかぶの通勤時間でした。

どんな感じだったか、記録に残しておきたいと思います。

まずは前日

アクアラインの通行止めはある程度予測ができるので、強風が吹くというニュースを聞いて、NEXCO東日本から情報が提供されるドライブトラフィック(以下ドラとら)を確認しました。

ドラとらでは、アクアラインで10m以上の風速が予想される場合、地図上の海ほたるの位置に旗のマークが表示されます。

そしてその旗をクリックすると、風速予想が表示されます。

2/3~4の予想はこんな感じでした。


アクアラインはだいたい風速20mを大幅に超えると通行止めになり、20mを下回ってしばらくすると解除になるという感じなので、3時くらいから通行止めになって、6時くらいには解除になるかな、と予想しました。

しかし、起きたときの現実は…

翌日は朝5時半に起床。
さっそく状況を確認します。

すると…

案の定通行止め。

まあ、予想からしてもうすぐ解除になるだろう、と、いつも通り家を出ました。

現実は

いつも通りのバスに乗ろうと、いつもと同じ時刻に袖ヶ浦バスターミナルに到着。
予想に反して、6:40頃でもまだ通行止めは解除になっていませんでした。

さて、どうしようかと思っていたところ、バスが1台回送で到着。
袖ケ浦BT始発(7:04)の品川行きになる予定の小湊バスです。

これが来るってことは、もうすぐ解除になるのかなと思っていると、その車両が品川行きとして客扱い開始。

WEB上での交通情報では、通行止めは解除になっていませんでしたが、予定通りの7:04に出発していきました。

その後すぐにWEBの交通情報も通行止めが解除の情報を表示。
7:00で通行止めが解除になったようです。

なかぶは羽田空港行に乗るべく、乗り場に行きました。

しばらくバスは来ませんでしたが、袖ケ浦BT発7:23から運行再開と案内所の方が知らせてくれました。

予定より若干遅れて、バスが到着。
アウトレットのラッピング車が来ました。

当初の予定より30分ほど遅くなりましたが、無事羽田空港に到着。
そこから会社の最寄である新横浜行きのバスに乗り換え、何とか会社の始業時間に間に合いました。

今回の教訓

バス会社は我々一般ユーザーよりも早く、通行止め開始、解除の情報を受け取っているようなので、解除前から準備に動くようです。

そのため、解除になるとすぐに運行を再開するので、解除になりそうだ、と思ったら、バス乗り場でバスを待つことがいいみたいです。

解除になった後の運転再開は、思いのほか早いですから。

ということで、
「通行止めが解除になりそうなときは、バス乗り場でバスを待て」
というのが、今回の教訓です。

解除になりそうという見極めはなかなか難しいですけどね…。

よろしければ参考にしてみてください。

ではでは~

アクアライン高速バスの運行状況を知らせるサイトまとめこんにちは、なかぶです。 ときどきある、強風でのアクアライン通行止め。 そんなときにどこを見れば高速バスの運行状況がわかるか...
RELATED POST

POSTED COMMENT

  1. きく より:

    確かに、バス会社の情報は早いかも。
    7時ちょい過ぎに館山道上り蘇我辺りを走行中、東京方面から東京駅行きのバスがゾロゾロと。自分も蘇我で降りUターンしてアクアラインに向かいました。

    • nakabu_prj より:

      きくさん

      こんにちは、なかぶです。

      バス会社には事前に連絡が入ってるのでしょう。

      前に書きましたが、バス乗車中に無線でAM6:25から通行止めとの連絡が入ったことがありました。
      しかし、そのバスの金田BT出発時刻は6:24。
      さすがに運転手さんもちょっと急いでくれて、通行止め前に滑り込みましたよ。
      たぶんそのあとは全部陸周りだったことでしょう…。ラッキーでした。

      まあ、そんなにあることでもないので、ある程度はあきらめるしかないですよね。

      引き続き、よろしくお願いします。

      ではでは~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください