テレビで見て行ってきた

知らなかった、富津が古墳の街だったとは…

こんにちは、なかぶです。

先日テレビ神奈川(TVK)で放送された、キンシオという番組(毎週月曜23:00~放送)で君津が紹介されていました。

「元号の地名の旅」と題して、貞元地区から旅を始め、君津駅に向かい、青堀まで電車で行って観光してました。

昔々に貞元(ていげん)という元号があったそうで、それで同じ字のさだもとから旅を始めたようです。

番組の後半では青堀に行って、古墳を紹介してました。

なかぶは知らなかったのですが、富津って古墳がたくさんあるんですね。

どんな感じなのか、ちょっとだけ見てきましたので、紹介したいと思います。

富津にある古墳

青堀駅前の案内図にたくさんの古墳が記載されていました。

古墳がある地域を拡大するとこんな感じ。

青堀駅周辺に大小22か所もの古墳があるんですね。

中にはこんな古墳も。

古塚古墳って、電車の線路が貫いちゃってますね。
いいのかな?w

一番お手ごろな古墳は駅前に

青堀の駅前にも古墳があるんです。

それが、上野塚(うわのづか)古墳。
こんな感じです。

別の角度から見るとこんな感じ。

上から見ることができないので、全体の形はわかりませんが、説明板によると前方後円墳のようです。

駅前にこんもりした丘のようなものがあるとは思ってましたが、古墳だとは今回の番組見るまで全然わかりませんでした。

駅前に古墳があるって珍しいんじゃないでしょうか。

今後は

なかぶはあまり歴史には興味ないのですが、これだけ古墳があると歴史ロマン、ではないですがちょっと興味が出てきました。

大小いろいろありますので、今後少しづつ見に行ってみたいと思います。

特に線路が貫いている古塚古墳、気になる…。

ではでは~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください