交通情報

割引料金の特急さざなみで東京から帰ってきました

こんにちは、なかぶです。

以前、こちらでお知らせした、さざなみの割引料金。

軽く復習すると、JR東日本の予約サイト「えきねっと」で前日(正確には当日のAM1:40)までに、えきねっとトクだ値で予約して、出発までに指定券自動券売機で受け取り(購入)することで、正規料金からかなりの割引料金でJRの特急が利用できるというサービス。
(利用にはえきねっとの利用登録(クレジットカードの登録)が必要です)

東京から木更津まで、正規料金だと指定席で¥2,770(乗車券+特急券)のところ、およそ35%引きの¥1,790で利用できます。

なかぶも昨日のうちにえきねっとで予約して、東京発19:30のさざなみ5号で帰ってきました。

購入した切符はこれ。
さざなみ_割引切符

一番上には「えきねっと列車限定割引」の文字が記載されており、一番下にも条件が記載されています。
安いけど、縛りはあるってことですね。

さざなみは八重洲側から400m以上歩いた京葉線のホームから出発します。
さざなみ_201811
ホームまではかなり遠いです…。

ホームには、えきねっとの割引の案内のポスターが貼ってありました。
えきねっと割引ポスター

自由席には結構多くの人が並んでました。
さざなみを待つ人
東京発時点では、満席に近い状態だったのではないでしょうか。

しかし、なかぶの乗った指定席(2号車)は目測で30%くらいの乗車率。
さざなみ_指定席
ガラガラでした。

定刻通り、19:30に東京駅を出発。
京葉線を進みます。

ディズニーリゾートの横を通り、蘇我には20:05に到着。
多くの人が下車。

その後、五井、姉ヶ崎と停車し、ほとんどの人が降りてしまい、木更津(20:29着)まで乗ってくる人はそれほど多くありませんでした。

普通に乗る分には、高速バス(¥1,350)のおよそ2倍の料金がかかりますからね…。
利用者の数から、東京-木更津間の移動は、高速バスが当たり前、ということがよくわかりました。

席は高速バスよりかなり広いものの、それが価格差を埋めるほどのメリットではないですよね。

えきねっとの事前予約なら価格差は¥440まで縮まりますが、前日までに予約が必要、当日の時刻変更は不可(別の日に変えるのはOK)と条件が厳しいので、普通に通勤に使うのはちょっと難しいですかね。

これならやっぱり普通は高速バス使うかな…。
回数券ならもっと安いし。

さざなみは東京駅からの高速バスの便が良くない蘇我、五井、姉ヶ崎に帰る人のための列車で、木更津、君津までは折り返すために来ている、という感じなんでしょうかね?

でも、たまにはJRでゆったりと帰ってくるのも悪くないです。

ということで、さざなみ使ってみたよ、ってお話でした。

ではでは~

POSTED COMMENT

  1. ジュリア より:

    うんうん
    冷静に考えたらJRの良さって・・・

    必死で考えました・・
    トイレがある安心感・・・(笑)
    高速バスのトイレよりはいいかな。

    でもその価格の違いは・・・

    あと電車は縦揺れだから酔わないかな~・・・
    乗りませんけど。(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください