なかぶぷろじぇくと
アクアライン通勤と木更津のいろんな情報、
そして木更津周辺のおいしいお店も紹介してます
木更津周辺スポットいろいろ

期間限定! ひらおかの里 農村公園で菜花摘みをしてきました(袖ケ浦市 永地)

こんにちは、なかぶです。

毎年恒例になっている、ひらおかの里農村公園での菜花摘み。
ただ生育が追い付かず、なかなか休日ができる日に当たることが少ないです。

今回たまたま日曜日に再開されるとの掲示を見て、3/22(日)に行って、菜花を摘み取ってきました。

ひらおかの里農村公園の場所

袖ケ浦公園と東京ドイツ村の間、田んぼの真ん中のこちらにあります。

この看板が目印です。

ホントに周りは田んぼで、行った日はちょうど田植えの準備で、となりの田んぼでは耕して水を張り始めたところでした。

春ですね♪

菜花摘みの料金はなんと20円!

朝は9時からスタートということだったので、菜花摘みが再開される22日の9:20くらいに到着するように行きました。

そんなに人はいないだろうと思って行ったのですが、すでに数組の方が菜花摘みを楽しまれていました。

受付は建物にいる係の方(たぶん周辺の農家の方)にお願いします。

料金はなんと驚きの20円!

看板に書いてある通り、その20円も袋代なので、実際の菜花の摘み取りの料金は無料ということになります。

格安で春の味覚をいただけるのは、非常にありがたいですね。

摘み取りができるのは2か所

小規模ですがきれいに整備された立派な畑があるので、そこだけで菜花の摘み取りができるのだと思っていましたが、もう1か所園外の道路沿いも菜花が生育されており、今回はそちらも案内してくれました。

畑で育成されているのはこんな感じで、きれいに植えられています。

もう一方の道路沿いは、道路に沿ってたくさんのなばなが植えられていました。

桜並木なので、もう少しすると桜の下で菜花摘みができるようになりますね。

道具はなにも用意しなくてOK

菜花は茎がポキっと折れるので、ハサミなど必要なく、簡単に摘み取ることができます。

晴れていれば畑も泥だらけということはないので、汚れてもいい靴で行けば長靴を用意する必要もありません。

しいて言えば、茎を折ったときに汁が出るので、軍手があると手が汚れないということくらいでしょうか。

基本手ぶらでOKです。

袋いっぱいに収穫できます

道路沿いで一生懸命収穫します。

最初はなかなかコツが思い出せませんが、しばらくすると思い出し、めぼしいものをポキポキと収穫できるようになりました。

茎が簡単に折れるのとなかなか折れないのがあって、折れるところが柔らくておいしそうな感じです。

20分ほど収穫にいそしんで、袋がいっぱいになりました♪

家族3人でこんなに収穫。

しばらく菜花料理が続きそうです。

期間は4/20まで でも…

こんなにおいしい、楽しい菜花摘みは4月30日まで開催しています。

でも、けっこうこんな掲示が出ていて、お休み中のことが多いので注意が必要です。

取りつくしたら取れるようになるまでお休みになりますので、この掲示を見て、再開される日に行くことが必要です。

この情報、行かないとわかんないんですよね…。

春の1日、菜花を取りに行ってはいかが?

できる日は運次第ですが、これからは桜も楽しめますので、ひらおかの里農村公園にお出かけになってはいかがでしょうか。

ではでは~

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください