イベント

念願のなばな摘みに行ってきました(農村公園ひらおかの里)

こんにちは、なかぶです。

去年の春、何回も行ったのにこんな表示で1回も行うことができなかった、農村公園ひらおかの里の食用なばな(菜の花)摘み。

今年も3/5から開催されていることをこちらで紹介しましたが、なんと今年は一発目で摘み取ることができましたので、その様子を報告いたします。

ひらおかの里の場所

なばな摘みができるひらおかの里はここにあります。

前にも紹介しましたが、袖ケ浦公園の前の道を東京ドイツ村の方向に進んで、高速をくぐり、もう少し進んだ先です。

なばな摘みの料金

なんと袋いっぱいにとって、20円です!

どのくらいとれるのかは、のちほど。

摘んでみました

ひらおかの里の建物にいる職員の方(といってもとってもフレンドリーな農家のおばちゃんという感じの人)に声をかけ、料金を支払い、袋をもらいます。

渡してくれる袋は、直売所で葉物野菜が入ってるような袋。

袋を受け取った後、畑に案内してくれました。

すでに先客もおり、ちょっと焦りますが、たくさんあるので大丈夫でした。

畑には注意事項(といっても当たり前のことばかり)が立ててあります。

ちょっとだけ摘み方の説明を聞き、さっそくなばな摘み開始。

なばなって、茎が簡単に折れるんですね。

茎をつまんで、

ポキッと折ると、

きれいに摘むことができます。

ハサミが必要かと思ったら、全然そんなことはなく、手で簡単に摘めましたよ。

畑の奥のほうがたくさん残ってるということで、そっちに行ってバンバン摘みました。

どれくらいとれるものか

夢中になって取っていたら、いつの間にか袋いっぱい。

あっという間にこんなになりました。

たくさん詰めるために、上下交互に入れちゃいました(汗)

葉物野菜なんで軽いのかと思ったら、意外にずっしり!
帰りに大きな袋にヨメとムスメの分と合わせて3袋入れたら、かなりの重さになりました。

たぶん一袋で、普通に購入する300円分くらいは入ったんじゃないかと思います。

帰ってきて料理

摘み取ってきたなばなはきれいに洗って料理してもらいました。(ヨメに)

単純にゆでて、かつお節をかけただけのお浸しもおいしいですが、

なかぶのお気に入りは、ごまあえ。

あぶら炒めなんかもいいですね♪

かなりの量摘んできたので、しばらく春の味覚を満喫できそうです。

まとめ

今年は一発で収穫体験ができた、ひらおかの里のなばな摘み。

案内してくれたおばちゃんに聞いてみたところ、去年は生育が悪く、ほとんど営業できなかったようです。

ことしは生育状況がいいらしいので、営業日も多くなると思います。

晴れた日に、お子さんと行ってみるときっと楽しいですよ。

あ、上の写真にもありますが、月曜は休園、期間は4/29までなくなったら終了なので、お早めに行かれることをおすすめします。

ではでは~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください