なかぶぷろじぇくと
アクアライン通勤と木更津のいろんな情報、
そして木更津周辺のおいしいお店も紹介してます
木更津周辺グルメ

【実食レポート!】4月に金田にオープン予定の久留米豚骨ラーメン 三代目 沖食堂、福岡県久留米市の本店に行ってきました

【お知らせ】
三代目 沖食堂は2022年4月27日にオープンしました!
お店の様子を↓こちらにまとめましたので、よろしければ合わせてご覧ください。

【久留米の味を木更津で!】金田東に久留米ラーメンのお店 三代目 沖食堂が2022年4月27日にオープン!! こんにちは、なかぶです。 建物もすっかり完成し、4月にオープン予定と伝えられていた、木更津市金田東のラーメン店、三代目 沖食堂。...

こんにちは、なかぶです。

さまざまな求人サイトの情報によりますと、木更津市金田東に久留米豚骨ラーメンのお店、三代目 沖食堂が4月にオープンする予定とのことです。

そこで、事前にそのお店の味を確かめるべく、なかぶはわざわざ福岡県に飛び(おおげざw→実際は別件のついでです)、久留米にある沖食堂(本店?)でとんこつラーメンを実食してきました!

メニューや味が全く同じになるかはわかりませんが、金田のお店の現在の状況と、久留米のお店のメニューや味についてお伝えします。

さすがに久留米まで行って食べてくるサイトはないだろうということで、木更津周辺のブログではなかぶぷろじぇくとだけの実食記事!だと思います。(普通はわざわざ九州まで行かないwww)

オープンするのは金田のベイシアそば

4月にオープン予定の三代目 沖食堂

お店はベイシア木更津金田店のすくそばのこちらです。

大通り側から見た現状はこんな感じで、お店は建設中です。(撮影日2022年1月30日)

裏の住宅街側から見るとこんな感じで、駐車場は10台くらいになりそうでしょうか。

目の前にはラーメン店魁力屋、ちょっと先には来来亭もあり、ちょっとしたラーメン激戦区になりそうな感じ…。

とんこつラーメンの三代目 沖食堂と先行2店は味のバッティングはないので、利用する側としては選択肢が増えてうれしいですね。

またこの三代目 沖食堂、ここを皮切りに関東にお店を出していくそうなので、どのくらい売れるかで出店のスピードが変わってきそうです。

なんで関東1号店が金田なのかはちょっと不思議ですが…。

久留米の沖食堂は人気店!

たまたま福岡の博多に用事があった(別記事で説明する予定)ので、ちょっと足を延ばして久留米のお店、沖食堂の本店に行ってみました。

JR久留米駅からGoogleマップに案内されるがままに、歩くこと10分でお店に到着。

場所はここです。

お店に着いたのは、土曜日のお昼の時間帯を過ぎた13時ころだったのですが、お店の前には行列!

土曜日とはいえ行列ができるとは、人気店なんですね。

お店の建物は2021年に近くから移転したということで、新しくきれいなお店でした。

普段お店の行列に並んでまで食事はしないなかぶですが、さすがに福岡久留米まで来たということもあり、行列の最後尾に並びました…。

久留米の沖食堂のメニュー

行列に並んでいると、中から店のおばちゃんが出てきて、注文を取ってくれます。

店外に置いてあったメニューはこんな内容。

メインはラーメン支那うどんやきめしとちょっと系統の違う牛丼で構成され、サイドとしておにぎり激辛高菜めしスープがわきを固めている感じ。

なんでこのラインナップの中に牛丼?とちょっと不思議に思いますが、どうしてここで牛丼なんでしょうね…。(見た感じ頼んでる人いませんでした)

あと、チャーシュー麺もメニューにラインナップされていないのも、ちょっと寂しい感じがしました。

ここはやっぱりストレートにラーメンとやきめしを食べたかったので、大ラーメンと焼きめしのセット(税込1,000円)を注文しました。

激辛高菜もちょっと気になりますね…。

久留米の沖食堂のラーメン

お店に入るまで30分くらい。
店内は食材以外は撮影禁止ということで、写真はラーメンとやきめしだけです。

ちなみにこの写真とメニューの写真は店外で撮ったのでセーフだと思います。

カウンターに座ってから10分くらいでラーメンが到着。

大ラーメンはこんな感じ。

とんこつスープにやわ目の麺。(麺の硬さは指定できません)
薄く切られたチャーシューが5切れに薬味のネギと真ん中に輪切りにされたゆで卵が1切れといった内容。

関東人からすると同じ九州ラーメンのくくりで見てしまいますが、明らかに麺は博多ラーメンの粉っぽいものとは異なるしっとりした麺。
麺の硬さが選べないのも博多ラーメンとは違いますね。

スープはというと、鼻に抜けるしっかりとした豚骨の香りがしますが、豚骨の濃さはちょっと薄め、かな。

木更津周辺でいうと、友理の濃い目の味と日吉の薄い味の中間という感じでしょうか。

ガツンという感じではなく、やさしい感じのとんこつラーメンでした。

続いて提供されたやきめしはこんな感じ。

カウンターから見ていると、若奥さん(だと思う)が細い腕でフライパン(中華鍋ではない)を振って作ってくれるやきめし。

かまぼこ多めでいろどりもよく、パラパラに仕上がっていて、おいしいやきめしでした。

中に入る肉はチャーシューではなく薄切りの肉というのも、ほかとちょっと違っていておいしい理由かもしれません。

両方ともおいしくいただきました。
ごちそうさまでした。

会計のときにおばちゃんにちょっと聞いてみたのですが、金田にオープンする三代目沖食堂は久留米の沖食堂の知り合いがお店を出すそうで、久留米のお店の直営ではないみたいです。

厨房で勉強はしていったそうなので、ラーメンの味は同じになるようですが、メニューはちょっと違ったものになるのかもしれませんね。

個人的には久留米のお店と全く同じものが食べられるとうれしいですけど…。

4月のオープンが楽しみです

本場の久留米ラーメン沖食堂の味が金田で楽しめるようになるのは4月の予定。

ラーメン、やきめしももちろん楽しみですが、現地では食べられなかった激辛高菜も食べてみたいと思います。

なお三代目 沖食堂では、現在従業員を募集中ですので、興味のある方はこちらからどうぞ。

※求人情報のため、終了した際などにはリンク切れになりますので、ご了承ください

4月にオープンしたら、お店に行って食べてみて、またレポートしますね~。

ではでは~

RELATED POST

POSTED COMMENT

  1. Kaz より:

    4月になりましたが、オープンしたんですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください