お得な情報

上越新幹線Max小ネタ その2

こんにちは、なかぶです。

今日はいつもの熊谷に上越新幹線で来ました。

8月に入り、夏休みも本番という感じで、朝の東京駅はチビっ子たちでごった返していました。

自動改札機の前でオロオロする人、Maxの連結してるところで写真を撮る男の子など、ビジネスマンは端っこに追いやられている感じですね。
(しかし、改札の前できっぷがなくて立ち止まるのはやめてほしい…)

さてさて、以前にもMaxの小ネタということでフラットシートのことを紹介しましたが、今日も新幹線に乗ってちょっと感じたことがあるので、それを書いておきたいと思います。

Maxの16両編成の場合、8両を2本つないでいるため、自由席車両が2つのブロックに別れます。

だいたい1~4号車と9~12号車が自由席です。
(繁忙期やスキーの時期は1~3、9~11というときもあります)

一般に東北、上越、北陸の各新幹線の自由席は東京よりの何両か、ということが多く、ちょっと知っている人は列車の後ろのほうが自由席というイメージがあるため、後ろに向かうことが多いようで、後ろの車両はだいたい混んでます。

しかし、Max16両の場合、「中ほど」にも自由席があるため、そっちは結構穴場です。
とはいえ、9,10号車あたりは階段から近いため、それほど空いているというわけではありません。

狙いは12号車!

前回も書きましたが、4号車と12号車は指定席に使用することがあるため、2階席も2+3列でリクライニングするようになっています。
(各編成の後ろ3両の2階席は3+3でリクライニングしません)

その上、人が集まらない前方の自由席車なので、空いていることが多いです。

今日はこんな感じでした。
Max12号車1
って、これじゃ混み具合わかんないじゃん…。
まあ、とにかく東京発車時点ではほぼ貸切状態でした。

間違いなく12号車、自由席です。
Max12号車2

なお、この12号車には新潟よりにフラットシートもあるので、そちらもおすすめです。

もし乗ることがあれば、参考にしてみてください。

ではでは~

列車旅 びゅう

【追記】
Maxネタ、ほかにもありますので、よろしければこちらもご覧ください。
上越新幹線Max小ネタ
上越新幹線Max小ネタ その3
上越新幹線Max小ネタ その4(スキー・スノボのお客様向けおすすめ席)



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください